業界用語

自毛植毛に関連する用語

あ行

亜鉛(あえん) 必須ミネラル16種の一。効能としては、免疫力の向上なども有名ですが、近年では、肌、髪の毛の健康維持といった美容面でも注目をされています。
代表的な食べ物では、豚肉、牡蠣、納豆などが有名です。
一時脱毛 主にショックロスと呼ばれる現象で、移植された毛が新しく生え変わる過程で、一時的に脱毛する現象をいいます。
ウィッグ 別名、カツラと呼ばれるもので、頭皮を隠すことやファッションでも使用されています。
AGA(エージーエー) Androgenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症の事を指します。 主な原因としては、遺伝や男性ホルモンの影響などが考えられています。

出典:男性型脱毛症(AGA)|wikipedia

か行

カツラ 別名、ウィッグと呼ばれるもので、頭皮を隠すことやファッションでも使用されています。
グラフト 自毛植毛用語でよく耳にするグラフトとは、毛包の単位の事をいい、1つの毛包には、通常1~4本の毛髪が生えます。この毛包を、1グラフトまたは1株と言います。

さ行

サガーロ AGA(男性型脱毛症)を治療する薬の一つ。 AGAの原因の一つと考えられている、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの産生をくい止め、ヘアサイクルを正常化し、発毛を促進する役割があると言われています。

出典:サガーロ(デュタステリド)|wikipedia

植毛 毛を皮膚に植える事。代表的なものとしては、合成繊維で作られた人工毛を植える『人工毛植毛』と、自分の毛髪を移植する『自毛植毛』があります。
ショックロス 自毛植毛の治療後、一時的に頭髪が休止期(抜け落ちる)に入る事。原因は不明。

た行

ダイレクト法 ダイレクト法とは、アイランドタワークリニック独自の、傷が残らない自毛植毛方法です。

参照:i-Direct|アイランドタワークリニック

な行

膿胞 自毛植毛の治療後、移植部位に見られるニキビ状のもの。

出典:膿胞|wikipedia

は行

フィナステリド フィナステリドは、プロペシアの主成分で、AGA(男性型脱毛症)に有効な成分として知られています。

出典:フィナステリド|wikipedia

プロペシア 当初は前立腺肥大の治療薬として開発されたものですが、近年はAGAに有効(男性型脱毛症をくい止める)な治療薬として注目を集めています。

出典:プロペシア|wikipedia

ま行

ミノキシジル ミノキシジルは、もともと血管を拡げる目的で開発された成分で、発毛効果にも効果が期待できるとし、注目されています。国内の有名な市販薬としては、リアップ等があり、海外ではRogaine(ロゲイン)の商品名で売られています。

出典:ミノキシジル|wikipedia

や行

ら行

わ行