1年後まとめ|自毛植毛×ミノタブ×フィナステリド薄毛治療 

1年後まとめ|自毛植毛×ミノタブ×フィナステリド薄毛治療 

植毛ロボットアルタスによる自毛植毛とミノキシジル・フィナステリドによる薄毛治療開始から1年が経過しました。

このページでは、自毛植毛治療後の実際の経過写真を使い、
『AGA治療開始から1年間で薄毛がどのように改善されたのか?』
『1年後、どのような見た目になったのか?』
その変化の様子を1ページにまとめてみました。

自毛植毛やミノキシジル等の外用薬・内服による薄毛治療をご検討されている方のお役に立てたら嬉しいです。

薄毛治療『無料カウンセリング』大手クリニック一覧

この記事の目次

AGA薄毛治療開始前(ビフォー)

自毛植毛体験ブログ(手術前)

薄毛治療を開始する前の状態です。

M字付近から頭頂部にかけてかなり薄くなっており、当時の状況を思い返してみると、かなりの速さでAGAが進行していたと思います。

恐らく、このままの状態で病院(診察)にも行かず1年を過ごしていたら、ほとんど髪の毛が無くなっていたのではないでしょうか。

私の場合、クリニックのマイクロスコープを使った無料カウンセリングで、はじめて『この頭皮状態はヤバイ』という事に気づいたので、あの時診察を受けてなかったら…と思うと、治療から1年が経過した今では、我ながら良い判断をしたと思っています。

AGA薄毛治療1ヵ月~3ヵ月経過(暗黒期)

ロボット自毛植毛によるAGA薄毛治療開始1ヵ月~3ヵ月経過時の比較写真自毛植毛治療開始から1ヵ月が経過
この時期は自毛植毛治療後にほとんどの人が経験する『ショックロス』という症状が見られました。
『ショックロス』とは、自毛植毛の副作用の一つで、植毛をした毛髪ではなく、元々生えていた周りの毛が一時的に抜け落ちる現象です。
ショックロスと分かってはいるものの、やはり『本当に大丈夫なのか?』と不安になる時期でもあり、特にシャンプーの仕方などには、かなり気を遣いました。

自毛植毛治療開始から2ヵ月が経過
この時期になると、抜け毛も少なくなり、少しずつですが産毛が生えてきました。
自毛植毛治療後に見られる『頭皮の張り』などの違和感もなくなり、シャンプーも普段通りできるようになりました。

自毛植毛治療開始から3ヵ月が経過
AGA治療開始から3ヵ月が経過する頃には、全体的に頭皮の黒い面積も広くなり、自毛植毛をしたところだけでなく、毛が少なかった頭頂部にも毛が生え始め、本当に髪の毛が増えているという事を実感できるようになりました。
それと同時に、内服の副作用の影響のせいか、この頃から体毛の増加が目立つようになりました。

AGA薄毛治療4ヵ月~6ヵ月経過(成長期)

ロボット自毛植毛によるAGA薄毛治療開始4ヵ月~6ヵ月経過時の比較写真
自毛植毛治療開始から4ヵ月が経過
自毛植毛治療から4ヵ月が経過する頃には、以前のような産毛ではなく、太い毛が見られるようになりました。
ただ、伸び方や生え方にムラがあるので、この段階では毛が濃い所と薄いところで差がでており、離れ小島のような見た目になっていました。

自毛植毛治療開始から5ヵ月が経過
自毛植毛治療から5ヵ月が経過するこの時期、特に嬉しかった事と言えば、自毛植毛をしていない頭頂部付近の毛量がどんどん増えていき、髪の毛の占める割合が多くなり、後ろから見た時の頭頂部の薄毛感がなくなったという事でした。
その反面、M字部分の髪の毛が『細い』『少ない』と感じでしたので、まだまだ手放しで喜べる状況ではなかったかと思います。

自毛植毛治療開始から6ヵ月が経過
この時期は、これまでセルフカットをしながら少しずつ伸ばしてきた髪の毛を、12mmの坊主にしてみる事にしました。
自分の中では『さすがに地肌は見えないだろう』と思っていたのですが、予想以上にスカスカだったので『植毛失敗か?!』『ミノキシジルが効かなくなった?!』と変な不安を抱えている時期でもありました。

AGA薄毛治療7ヵ月~9ヵ月経過(成長期)

ロボット自毛植毛によるAGA薄毛治療開始7ヵ月~9ヵ月経過時の比較写真
自毛植毛治療開始から7ヵ月が経過
自毛植毛治療を受けてから半年が過ぎた頃、頭頂部にニキビができました。
最初は痛みもなく小さいものだったので、そのうち治るだろうと思っていましたが、一向に治る気配がないのでクリニックで診てもらう事にしました。

診察の結果、発毛に影響を与えるようなものではなく、薬で治るとの事でしたので、『ゲンタマイシン(塗り薬)』『セファクロル(内服)』を使用し様子をみてみる事になりました。

特にこの時期は、抜け毛が気になっていたという事もあり、いつも以上に不安やストレスを抱えていたと思います。

自毛植毛治療開始から8ヵ月が経過
自毛植毛治療開始8ヵ月が経過した頃には、今回の薄毛治療の効果をかなり実感できるようになりました。
頭頂部のニキビも治り、髪の毛も、これまでの細く弱々しい毛ではなく、黒々としたハリのある毛が増えてきました。
自毛植毛をしていない頭頂部付近はまだまだ薄いですが、薄毛治療前の写真と比べるとその差は歴然です。

自毛植毛治療開始から9ヵ月が経過
この時期になると、自身が薄毛だったという事を忘れるくらいに毛量も増え、ほぼ完成形に近い状態になっていました。
ただ、全体のバランスでみた時に、自毛植毛をしていない頭頂部付近の毛が少なく(細い?)やや、物足りないかなと感じていました。

AGA薄毛治療10ヵ月~12ヵ月経過(完成形)

ロボット自毛植毛によるAGA薄毛治療開始10ヵ月~12ヵ月経過時の比較写真
自毛植毛治療開始から10ヵ月が経過
この頃になると、くせ毛っぽくて不自然だった髪の毛も徐々になじんできました。
髪の毛が伸びているという事もあり、それ以外の変化は特に感じられませんでした。

自毛植毛治療開始から11ヵ月が経過
先月同様に、特にこれといった変化はありません。
この時期がピーク(完成形)だったのではないかと思います。

自毛植毛治療開始から12ヵ月(1年)が経過
自毛植毛治療からようやく1年が経過しました。先月同様特に変化はありません。
自毛植毛治療の完成形は約1年後~と聞いていたので、ここ2ヵ月の変化の状況から考えると、私の場合も『ちょうど1年で完成形になったのかな』という感じでした。

自毛植毛治療の完成形(アフター)

ロボット自毛植毛によるAGA薄毛治療開始前と1年後の比較写真
AGA治療を開始する前と1年が経過した完成形の比較画像です。
毛量も増え、髪質も明らかに変化し、別人かと思うくらい見た目の印象が変わりました。

最後に。自毛植毛から1年経過して感じた事まとめ

自毛植毛治療から1年が経過しましたが、大きな変化と言えば、治療開始前と比べて物理的にも精神的にも圧倒的に楽になったという事でしょうか。

治療を受ける前は、『髪の毛のセットに苦労する』『周りの目が気になる』といった悩みが常につきまとっていましたが、現在ではそういった悩みが一切なくなりました。
とにかく仕事もプライベートも余計な心配がないので、パフォーマンスの向上を感じられるようになりました。

今回の治療にかかった費用は決して安い金額ではありませんが、普段の生活がこれほど楽になるのなら、もっと早めにやっておけば良かったと言うのが正直な感想です。
お金は稼げばなんとかなりますが、AGAという病気の特性上、悩んでいる間に時間も髪の毛もどんどんなくなっていきます。

私が治療を始めたのは2017年ですが、2019年現在は医療技術も確実に進歩し、当然ながらより質の高いAGA治療が受けられるようになりました。

最後にAGA治療の経験者として言える事ですが、もし、薄毛に悩んでいるようでしたら、エビデンスのないAGA治療に無駄なお金と時間を使わず、まず初めに薄毛治療の専門医による無料カウンセリングを受診し、その後、ご自身の症状に合った薄毛治療方法をゆっくりご検討される事をオススメします。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

薄毛治療『無料カウンセリング』大手クリニック一覧