自毛植毛、術後半年の6ヵ月が経過、失敗!?ビフォーアフター

自毛植毛、術後半年の6ヵ月が経過、失敗!?ビフォーアフター

植毛ロボットARTAS9x(アルタス)での自毛植毛手術から、半年となる6ヵ月が経過しました。

特に大きなトラブルもなく、ここまでこれたんじゃないかなと思います。

ここ最近は、髪の毛を伸ばすつもりでいましたが、半年というキリの良いタイミングなので、どうせなら変化が分かりやすいようにと思い、坊主(12mm)にしてみました。

自毛植毛から術後半年経過(M字~頭頂部)

下の画像は坊主にする前、した直後のビフォーアフター写真比較です。

自毛植毛から術後半年経過比較(坊主前)ビフォーアフター

最近まで髪の毛を伸ばしていたせいか、『自分が薄毛だという自覚がなかった』のですが、散髪直後の頭皮を見た時は、思わず、『スカスカやないかい!』と言ってしまいました。

もちろん手術失敗とかではないと思いますが、これまで毎日かかさず、治療薬を服用し、生活習慣や食事にもかなり気を使ってきました。

その結果が、『自分の理想としていた頭皮とかけ離れているという事実』は、さすがにショックでした。

ただ、一般的には『術後半年から見た目に変化がでる』『術後半年から毛が太くなる』とも言われていて、術後半年の時期では、僕と同じように不安になる方も多いようです。

実際に自毛植毛治療前とのビフォーアフター写真で比較すると確実に印象が変わっています。

自毛植毛から術後半年経過比較(植毛前)ビフォーアフター

完成形になるのは、『術後約1年』と言われているので、今は一喜一憂しないように、とにかく髪の毛に良い生活習慣を心掛けていこうと思います。

気を付けた事やメモなど

ドナー採取部位 傷跡は完全に隠れていて、特に気になる事もありません。
ドナー移植部位 確実に密度は濃くなっているようですが、坊主にすると頭皮のスケ具合が一目瞭然です。
使用中の薬 ルーチェクリニックオリジナル内服薬(1日1回/朝)
ルーチェクリニックオリジナル外用薬(1日2回/朝・夜)
気になる事・気づいた事 術後半年の時期では、まだまだ劇的な変化は感じられません。

薄毛治療を専門とする大手クリニックの一覧