【写真】アルタス自毛植毛、術後5ヵ月が経過

【写真】アルタス自毛植毛、術後5ヵ月が経過

植毛ロボットARTAS9x(アルタス)での自毛植毛手術から、約5ヵ月が経過しました。

最近は、セルフカットでサイド部分のみを切ってみたり、頭頂部を切ってみたりと、落ち着きのない感じでしたが、少しずつ髪の毛を伸ばしています。

なんだかんだ、5ヵ月が経過し、他の方がブログ等で公開している『植毛から5ヵ月経過の写真』と『自分の5ヵ月経過写真』を比較してみたりしましたが、やはり、髪の毛の伸びる長さも、見た目の変化の度合いも個人差があるようです。

『術後5ヵ月で完成形(ふさふさ)』に近い方もいれば、『まぁこんな感じかー』という方まで様々でした。

僕の5ヵ月経過時の毛髪の状態はといいますと、М字(生え際)はこんな感じになっています。
アルタス自毛植毛から5ヵ月経過_M字(生え際)の写真
あたりまえですが、生え際を中心に、それなりに髪の毛も伸びてきました。

ただ、肝心のM字(生え際)あたりの印象が、一向に変わる様子もなく、密度もほとんどない状態なので少し不安です。

頭頂部はというと、こちらも髪の毛が伸びているのですが、それでも以前の状態と比べると圧倒的に印象が変わったと思います。
この変化は正直に嬉しかったですね。

アルタス自毛植毛から5ヵ月経過_頭頂部

自毛植毛前の状態と比較してみると一目瞭然です。

自毛植毛前と5ヵ月経過時比較写真

下の画像は後頭部の写真ですが、自毛植毛をする前に撮影した写真と比べてみると、以前は地肌が見えていた頭頂部付近も、『圧倒的に毛が増えた!』という印象でした。
アルタス自毛植毛から5ヵ月経過_後頭部の写真

欲をいうと、濃くなってほしい所がまだまだありますが、それでも『自毛植毛の凄さと、治療薬(ミノキシジル・フィナステリド)の効果に驚いた』5ヵ月目となりました。

以下、気を付けた事やメモなどです。

気を付けた事やメモなど

ドナー採取部位 傷跡は完全に隠れていて、特に気になる事もありません。
ドナー移植部位 まだまだ薄毛感は否めないですが、植毛前と比べると確実に良い方向に向かっているようです。
使用中の薬 ルーチェクリニックオリジナル内服薬(1日1回/朝)
ルーチェクリニックオリジナル外用薬(1日2回/朝・夜)
気になる事・気づいた事 脱毛期以降ほとんど見られなかった細い抜け毛?が少し目立つような気がします。ヘアサイクルの影響?