【写真】自毛植毛手術から3ヵ月と10日が経過

【写真】自毛植毛手術から3ヵ月と10日が経過

植毛ロボット(ARTAS9x)での自毛植毛手術から、約3ヵ月と10日が経過しました。

前回の経過ブログでは3ヵ月経過時の写真をアップしましたが、まだまだ頭頂部の髪の毛密度がなく、どうしても左右だけが目立ってしまうので、翌日バリカンを使ってサイド部分を中心に散髪をしました。

下の写真の点線で囲まれている部分が植毛箇所ですが、術後2ヵ月経過以降から、短期間で急激に良い方向に変化していくのが分かったので『このペースで伸び続ければ短期間で薄毛前の状態に戻るのでは!?』と、喜んでいましたが、劇的な変化はないように感じられます。それでも、M字部分を含め確実に濃くなっているのがわかります。

自毛植毛手術から3ヵ月と10日が経過した写真2

頭頂部に関しては、毎日外用薬を使用していますが、この時点では、密度が増えている様子もなく、ほとんど変化はないようにみられます。

欲を言うと、頭頂部にも変化が見えて欲しい時期でもありますが、ポジティブにとらえると、本来抜けるはずの髪の毛が抜けていない?(現状維持)という事なのでしょうか。

やはりそう簡単に思い通りにもいかなそうなので、根気強く待ってみようと思います。

以下、気を付けた事やメモなどです。

気を付けた事やメモなど

ドナー採取部位 普段通りシャンプーで洗っています。
移植部位 シャンプーを使って慎重に洗っています。
目立った赤みや痒みはありません。
使用中の薬 ルーチェクリニックオリジナル内服薬(1日1回/朝)
ルーチェクリニックオリジナル外用薬(1日2回/朝・夜)
気になる事・気づいた事 自毛植毛した箇所は、劇的な変化はないものの、確実に良い方向へ向かっているようです。
頭頂部に関しては、外用薬を使用開始以降、目立った変化はないように見受けられます。現状維持?

薄毛治療を専門とする大手クリニックの一覧