ミノキシジル×フィナステリドの飲み薬を3ヵ月使った感想

ミノキシジル×フィナステリドの飲み薬を3ヵ月使った感想

植毛ロボットアルタスでの自毛植毛手術から3ヵ月が経過し、一般的に変化がみられると言われている『3ヵ月~』の時期に突入しました。

僕の場合は、ルーチェクリニック銀座院さんでの複合治療(自毛植毛+薬)を選んだので、自毛植毛手術が終わった後も、薬(ミノキシジル+フィナステリド)を服用し続けています。

今日は、3ヵ月が経過しての感想、副作用の事など、簡単にメモしておこうと思います。

この記事で書いている事(目次)

いま使っている薄毛治療薬について

飲み薬
飲み薬は、ルーチェクリニックオリジナルの、ミノキシジル2.5mgとフィナステリド0.65mgが配合されたタブレットを、1日2錠のペースで服用しています。
Dott-Hair-for-Menドットヘアー男性用タブレット(内服薬)①
塗り薬
外用薬は、こちらもルーチェクリニックオリジナルの、ミノキシジル(6.5%)とフィナステリド(0.05%)が配合された60ML入りスプレーを、1日6プッシュのペースで服用しています。
Dott-Hair-for-Menドットヘアー男性用リキッド(外用薬)①

ミノキシジル×フィナステリドの副作用は?

ミノキシジルの副作用としては、一般的に、『血圧低下・心拍数の増加・むくみ・吐き気・嘔吐・アレルギー症状(頭皮の赤み)』などが挙げられていますが、僕の場合、いまのところ目立った症状はでていません。

フィナステリドの副作用としては、『食欲減退・全身倦怠感・性欲減退・勃起機能不全・乳房障害・抑うつ症状』がよく挙げられていますが、こちらも今のところ目立った症状はでていません。

ただし、ミノキシジルには全身の育毛効果がある為、髪の毛以外の産毛も多くなっているようです。

3ヵ月服用してみて、薄毛は改善されたのか?

下の画像は左が服薬前の写真で、右が服薬開始から約3ヵ月が経過した時の写真です。自毛植毛前と手術から3ヵ月経過時比較僕の場合、M字付近を中心に自毛植毛をしていて、頭頂部付近の薄毛は、塗り薬と飲み薬での改善を目指していますが、やはり少しずつ改善しているようです。
生活面での大きな変化と言えば、とにかく圧倒的に抜け毛が少なくなりました。

この記事のまとめ

以上、薬の効果と副作用の使用3ヵ月レポですが、薬の効果や副作用については個人差(持病等)もありますので、もし服薬での治療をお考えでしたら、購入前に専門医に質問相談してみる事をおすすめします。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

最新植毛ロボットアルタスを導入しているクリニックは?
ミノキシジル×フィナステリドの飲み薬を6ヵ月使った感想