頭頂部(つむじ)への自毛植毛は難しい?AGA治療の疑問

頭頂部(つむじ)への自毛植毛は難しい?AGA治療の疑問

AGAによる薄毛治療を本気で考えた時、最終的に自毛植毛を選ぶ方も少なくはないかと思いますが、AGAの影響を受けやすい頭頂部(つむじ)付近への自毛植毛は難しいとも言われています。

今回は、頭頂部(つむじ)への自毛植毛は『なぜ、難しいと言われているのか?』『本当に難しいのか?』『どのような改善方法があるのか?』について、調べてみました。

この記事の目次

なぜ、頭頂部への自毛植毛は難しいと言われているのか?

AGAや薄毛に関する情報サイト、個人ブログをみてみると『頭頂部への自毛植毛は難しい』といった記述がみられます。

その理由として、
『人間のつむじ付近は頭皮が見えやすい為、高密度の植毛を行う必要がある』
『自然なつむじの流れ(放射線状)を再現する必要がある(難易度が高い)』
といった事が挙げられています。

噂ではなく、本当に難しいのか?調査した結果

実際のところ、本当に難しいのか?もしかすると2018年現在は、昔と比べると治療が安易になっているのでは?という疑問から自毛植毛治療を専門としているクリニックを中心に調べてみました。

親和クリニック

親和クリニック

以下、親和クリニック公式ページより引用

頭頂部への自毛植毛は難しいというのは本当ですか?

本当です。
頭頂部やつむじ、前頭部の薄毛にお悩みの方は多いと思います。
なかでも頭頂部の薄毛に悩む方は多く、当院にもたくさんの方がご相談にいらっしゃいます。
その中でも特に多い相談は、「頭頂部への自毛植毛は難しいのか」という点です。
結論から言うと難しいですが、それは前頭部(おでこ・生え際)に比べて、という意味です。
確かな効果を実感するためには、他の部位に増して、ドクターやクリニックに高い技術が求められます。

アスク井上クリニック

アスク井上クリニックの自毛植毛治療

以下、アスク井上クリニック公式ページより引用

つむじへの植毛は可能か

随分根源的な話で、なにを今頃と思われるかもしれませんが、それほど、つむじへの植毛で満足を得ることが難しいと言うことです。
もともと、つむじという所、毛流というベクトルで考えると、湧き出し点・発散点であり、ベクトルの重なりがない点であるため、どうしても地肌が見え易い傾向にあります。

ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニックの自毛植毛治療

以下、ヨコ美クリニック公式ページより引用

頭頂部やつむじ周りへの~定着率が悪くなるというのは本当ですか?

それらの範囲の方がショックロスや低発毛のリスクが大きいと思いませんが、たしかに結果に対する満足度はヘアラインより低いようです。
その理由は以下の点が考えられます。
・もともとツムジ付近の毛流が渦巻き状になっていて地肌が見えやすい
・ヘアラインはヘアを側方から見るので毛が重なって濃く見えやすいが、ツムジは上からのぞきこむ形になるので薄く見えやすい
・ツムジ付近の薄毛は前頭部よりはるかに面積が広く採取も多く必要となり植えつけ密度を低くする傾向がある

大手クリニックの掲載内容を見てみると、いずれも『前頭部に比べると難しい』『前頭部に比べて満足度は低い』傾向にあるというのが事実のようです。

頭頂部の薄毛改善にはどのような方法があるのか?

頭頂部への自毛植毛を行う場合、ある程度の満足感を得る為には、やはり『高密度のグラフト数』『その分の費用』が必要となりますが、大前提としては、上記の大手クリニックのように、自毛植毛治療の症例件数が多く、技術力に定評のあるクリニックを選ぶ事が重要ではないでしょうか。

また、自毛植毛以外の薄毛の改善方法としては、ミノキシジルやフィナステリドといった治療薬(内服薬・外用薬)を使っての複合治療、FDAに認可されている『LLLTレーザー』を使った治療を推奨するクリニックも増えているようです。

この記事のまとめ

頭頂部(つむじ)への自毛植毛は『前頭部に比べて満足度が低い』という傾向にあるようですが、各クリニックがHPで掲載している自毛植毛治療の症例写真(ビフォーアフター)を見てみても、『つむじの部分だけが極端に薄い』『明らかに見た目に違和感がある』という人は少ないように見受けられます。

ただ、そういった人たちは、何らかの『複合治療』を取り入れている可能性もあるので、頭頂部への自毛植毛を検討する際は『最新の複合治療』について、医師に直接聞いてみる事をお勧めします。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

AGA治療専門クリニックの一覧