画像比較、AGA治療開始から半年経過。頭皮の変化や心境

画像比較、AGA治療開始から半年経過。頭皮の変化や心境

自毛植毛と薬(フィナステリド・ミノキシジル)によるAGA治療開始から、8ヶ月が経過しました。
これまでの経過を写真で振り返ってみると、変化は感じているものの、どれだけ効果がでているのかという事が分かりづらかった為、当時の心境なども含め、術後から半年経過までの写真をまとめてみました。

この記事の目次

自毛植毛によるAGA治療開始、1ヵ月~2ヵ月経過時の様子

自毛植毛から1~2ヵ月経過自毛植毛によるAGA治療開始、1ヵ月~2ヵ月経過時の写真です。

術後間もないという事もあり、シャンプーの際は優しく洗う等、かなり頭皮に気を使った生活をしていました。
また、僕の場合、割と早い段階で『ショックロス(一時的脱落)』と見られる現象が見られました。
クリニックの先生から、ショックロスの特徴を聞いてはいたものの、とにかく毛が抜けるので、このまま無くなるんじゃないかと不安な時もありました。
他にも、『頭皮の張り』『頭皮の痒み』など、自毛植毛後特有の体験をしました。

自毛植毛によるAGA治療開始、3ヵ月~4ヵ月経過時の様子

自毛植毛から3~4ヵ月経過自毛植毛によるAGA治療開始、3ヵ月~4ヵ月経過時の写真です。
3ヵ月経過時には、頭皮の痒みや張りなどは完全になくなっていました。
この頃から、全体的に『産毛のような発毛』がみられるようになりました。
とは言っても、発毛が多い場所、少ない場所とムラがあり、離れ小島のような感じです。

そして、この時期、一番驚いた事といえば『体毛の増加』でしょうか。
治療薬(フィナステリド・ミノキシジル)の影響だと思いますが、僕の場合、額のあたりや耳周りなど、顔回りを中心に産毛が多くみられるようになりました。

自毛植毛によるAGA治療開始、5ヵ月~6ヵ月経過時の様子

自毛植毛から5~6ヵ月経過自毛植毛によるAGA治療開始、5ヵ月~6ヵ月経過時の写真です。
5ヵ月経過頃になると、密度も濃くなり、頭皮全体が黒々としていて『増えている』という事をリアルに実感できるようになりました。

しかし、喜びも束の間、術後6ヵ月経過時頃から突然抜け毛が増えはじめ、頭皮の見た目も薄くなっていき、退化していっているような状態になりました。
さらに、これまで頭頂部には一度もできた事がなかった、1cm程の大きいニキビ(後日治ります)ができてしまい、その箇所だけ毛が生えないという事態に。
大袈裟ですが、天国から一気に突き落とされるような感じでした…

この記事のまとめ

自毛植毛治療をする前は、最初のショックロスさえ乗り切れば、その後は緩やかに好転していくものだと思っていましたが、実際はそんな事もなく、山あり谷ありというか、僕の場合は何かと変動の多い半年でした。

術後半年を振り返ってみましたが、まだまだ書ききれていない事もありそうなので、思い出したときに追記したいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

術後6ヵ月以降の最新の経過写真一覧