2019年 最新のAGA薄毛治療と薄毛対策、料金など

2019年 最新のAGA薄毛治療と薄毛対策、料金など

昨年2018年は、理化学研究所による毛包再生治療の発表をはじめ、自毛植毛技術の進化、各製薬会社によるミノキシジルを配合した新商品の開発などが注目をされました。
この記事では、2019年現在どのような薄毛治療、対策があるのかをまとめてみました。

この記事の目次

①ミノキシジルを使った薄毛対策

2019年最新のミノキシジルを使った薄毛対策

治療費用:約7,000円~15,000円 /1ヵ月

ミノキシジルは『髪の毛を生やす効果がある』とされている成分で、市販品では『リアップシリーズ』が特に有名ですが、新たな対抗馬として、アンファーから発売されている『メディカルミノキ5』や、ロート製薬の『リグロEX5』なども注目を集めています。

また、薄毛治療専門クリニックでは、『ミノタブ』と呼ばれる飲むタイプの内服薬を購入する事も可能です。

②医療用レーザーを使った薄毛治療

治療費用:約4,000円~

近年では、自宅でできる薄毛治療として、LLLT(低出力レーザー)を使った治療も注目をされています。
アメリカのFDAの認可を受けている治療方法で、日本皮膚学会でも『推奨度B』に位置づけされており、男性のAGAはもちろん、女性の薄毛にも一定の効果があるとされています。
日本国内では帽子タイプの『lllt発毛帽子』や、おなじく被るタイプの『ヘアーマックス』などがあります。

③専門医による自毛植毛治療

治療費用:300,000円前後~

自毛植毛治療は、AGAの影響を受ない自身の髪(毛包)を移植する薄毛治療方法ですが、1回の手術で終わり、1年後には見に見えた結果が出るという事から、世界的にも注目を集めている薄毛治療です。
他の治療方と比較すると、やや高額ですが、専門医師によるカウンセリング~施術となるので、『髪の毛の疑問や悩みを解決したい』『確実に髪の毛の印象を変えたい』という方にはオススメの治療方法です。
自毛植毛ができる大手クリニックの一覧

④最新鋭ロボットによる自毛植毛治療

治療費用:300,000円前後~

これまでの自毛植毛治療は専門医による手作業での自毛植毛が一般的でしたが、近年のロボット技術の進化、AIの普及により『植毛ロボット』を採用するクリニックが増えてきました。
日本国内では、アルタス、アルタス9xが採用されていましたが、現在はアルタスiX(アイテン)が最新の自毛植毛ロボットとなっています。
ロボット自毛植毛ができる大手クリニック

⑤ヘアコンタクトによる薄毛対策

対策費用:100,000円前後~

ヘアコンタクトとは、人工毛を頭皮の特定の場所に装着し、自毛のような自然な見た目を再現する薄毛対策です。
やや高額ですが、カツラとは違い、手軽に自然な自毛感覚を体感できるという事もあり、自毛植毛で頭皮を傷つけたくない方などに支持されている薄毛対策です。

⑥その他の薄毛対策

対策費用:約500円~/1ヵ月

その他の薄毛対策としては、頭皮マッサージ、バランスの良い食事、質の高い睡眠、定期的な運動、栄養サプリメントの摂取などが、一般的に推奨されている薄毛対策となります。

この記事のまとめ

簡単ですが、代表的な薄毛治療、薄毛対策をまとめてみました。
最後までご覧くださりありがとうございました。